HappyLife ぷれなのこと 自分らしさ

インナーチャイルドのワークで5歳の自分に出会う

2021年2月9日

ぷれなのインナーチャイルド

https://switchingplena.com

今日は古谷さんにインナーチャイルドのワークをしてもらいました。

今日は11月ぶりに、古谷さんにチャネリングをしてもらいました。

引っ越ししたいとは思っているのに、動けない自分の理由を知りたかったからです。

そして今回もインナーチャイルドに会いに行くワークをしてもらいました。

自分の本心を押し殺している自分に会うためです。

今回のインナーチャイルドは5歳くらいでしょうか。

保育園で、嫌そうにチューリップへ水をあげています。

やらされてる感があって、明らかに自分の意志ではありません。

「保育園はつまらないし、なんでこんなことしないといけないか分からない」というチョットふてくされたような様子。

(実際に花に水をあげていた記憶はありませんが、今日出会った当時の私はそんな雰囲気でした)

そこで古谷さんに、私が保育園で集団行動することに違和感を感じていたと教えてもらいます。

ハッとしました。

確かに私は実際に、眠たくもないのにお昼寝させられてイヤだなーと思いながら寝たふりをしたり。

子供じみたプラスチックのコップに温めてまずくなった(と思いながら)牛乳をイヤイヤ飲んだりしていました。

保育園に朝到着してすぐに「かーえーりーたいー゚(゚´Д`゚)゚。」と泣き出したことも思い出しました。

それでも当時の私は「保育園がイヤだ」と誰にも打ち明けませんでした。

今日は、その頃の私を癒しにいったのです。

当時の母にも、私が保育園を嫌がっていることを伝えます。

すると当時の母は「情けない…」と顔をくしゃくしゃにして泣きました。

私が元気に集団生活になじめないことに胸を痛めているようです。

当時の私と当時の母、それから今の私が一緒になってあの頃の感情を吐き出しました。

そういえば実際に、私は「大丈夫!一人で行けるよ!」と元気よく保育園に歩いて行ったことがあります。

思い出せる記憶では、元気よく歩いてる私は「ほんまに私一人で行けるのに!なんでついてくるの?」と颯爽と歩き、単車に乗った母が後ろの後ろの遠くの方から心配そうに、笑いながらついてきます。

私は母がまだついてきていることを何度も振り返って確かめながら、2kmほどの道のりを保育園まで歩いてたどり着きました。

清々しかった達成感の記憶。

けれど私はなぜ、一人で歩いていくことにしたんだろう?

大人になって記憶をたどりよせても、理由は分かりませんでした。

それが、ここですべて繋がりました。

私はずっと、母に心配をかけたくなかったのです。

「私は大丈夫やで!」とめいっぱい強がっていたのです。

そして、ずっとずっとその先も”ちょっと不安”があっても本心を隠したまま、"大丈夫!できる!”と自己暗示をかけていたように思います。

そうか!だから私は「早く大人になりたい」と思っていたのか!

だから私は「強くなりたい!」と思っていたのか!

小さい私がひたむきに頑張っている姿に、心を打たれました。

今日もインナーチャイルドのワークでたくさん泣いて、たくさん癒されて、たくさん気づきをもらいました。

自分らしさは、自分が忘れてしまった記憶の中にもあるんだなあと実感しています。

きっと当時は忘れたくて忘れた記憶。

今日は原点の部分を紐解けて良かったです(*´з`*)ノ

いつも導いてくださる古谷さんに本当に感謝です☆

 

check!
癒されたインナーチャイルド
癒されたインナーチャイルド

先週、古谷さんにインナーチャイルドを癒すワークをしてもらいました。 ワークの当日も、素晴らしい気づきがあって涙しましたが、今日も友人と話したことで あ!そういうことか! と繋がりました。 今日は、イン ...

続きを見る

-HappyLife, ぷれなのこと, 自分らしさ

© 2022 ぷれなのblog