瞑想

ぼんのくぼから転がり落ちたエネルギー

2020年11月30日

ぷれなのブログ

https://switchingplena.com

先日体験した、不思議なエネルギーのおはなし。

最近すごく疲れやすくって、たくさん寝ているのに昼間も眠いんです。

パソコンで仕事しながら、あまりにも眠いのでお昼寝することにしました。

ただお昼寝することに罪悪感を感じたのか、目元にあずきカイロを置き、瞑想の音源を聴きながらお昼寝することに。

もちろん寝る気マンマンなのですが、いかにも「今、瞑想してるんですよ~」っていう自分への言い訳です(o´艸`)

誘導瞑想はおよそ20分くらいのもの。

案の定、開始3分もしない間に眠りに落ちていました。

しかし、誘導瞑想が終わりにさしかかるころ、スッキリと眼が覚めました。

と同時に、首のうしろから「こんころりん」と何かが落ちたのです。

「こんころりん」と感じるくらい丸く、落ちてすぐに少しバウンドして、左側へ転がっていったのが分かりました。

目覚めたときに「あ!落ちる」と気づき、思わず手で押さえようとよぎるのですが「やめておこ!」と思い直して、そのまま転がっていった感じです。

一瞬のできごと。

あれ?今、何が落ちたのだろうか。。。

あまりにもリアルに転げ落ちたので、気になっていました。

いいことなのか、良くないことなのか。。。

急にまた気になって調べているとぼんのくぼは、「エネルギーの侵入口」で「スピリチュアルゲート」とも呼ばれるそうです。

でも結局、侵入する話はたくさん見かけましたが、そこからエネルギーが出ていく記事は見つけられませんでした。

あれから3日ほど経ちましたが、最近少し体調が良いので、あれは悪いものが落ちたのかもしれないなぁと思っています(^-^)

-瞑想

© 2022 ぷれなのblog