ぷれなのこと

チャネリングと記憶の関係

チャネリングと記憶

https://switchingplena.com

チャネリングしたときのことって、あまり記憶に残らないような気がしています。

まだがっつり自分の意志でチャネリングできるわけではないのですが。

「ちゃんと繋がって話聞いてたんだなー」

と思う理由のひとつに、”あまり記憶に残っていない”ことがあります。

バシッと脳天直下に言葉が降りてきて「そういうことか!」って納得するんですね。

腑に落ちるというのか。

身をもって知ったような感覚。

もうそれ以外の何物でもない正解をもらったというか、そんな感覚の。

でもしばらくすると、まっさらに忘れているんです。

だから「そうか!」となったときに、すぐにメモするようにしています。

勝手に「これは私の頭で考えた言葉じゃないから、すぐに忘れるようにできているのに違いない」と思っているのですが、本当のところはどうなんでしょうか。

さて、私はなぜかめちゃくちゃ会話した内容をいちいち覚えている人でした。

会話内容とその場面をセットで記憶していて「ああ、あの時あの場所でこんな風に言ってたあの話のことね~」みたいな。

それがですね、最近かなり忘れっぽいんです。

ま、40代に入ってから忘れっぽい気もするので、年齢的なこともあるのでしょうが。

で、友達から「あの時にぷれなにあんな風に言ってもらったからな…ああで、こうで…今はこうなって…」と話してもらっても、

「はて。。。?(^^;; ソンナハナシアッタカシラ…」

と思うことが増えました。

これって、もしかして友達の相談にのりながら勝手にチャネリングしてるのかな~と思いつつ。

ただの老化だったら、笑ってやってください(*´∀`)アハハハハ~♡

 

-ぷれなのこと

© 2022 ぷれなのblog