WeLove和歌山 自分らしさ

映画ソワレのロケ地巡り~御坊・日高~

2020年10月16日

映画ソワレのロケ地

@plena13

豊原功補さんと小泉今日子さんが立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」の映画「ソワレ」、じわじわと心に残る名作でした。

ソワレの舞台は和歌山の御坊市や日高郡を中心に、みなべや和歌山市などで撮影されています。

豊原さんら初のプロデュースとなる記念すべき作品が和歌山の、しかも私の地元である日高で撮影されると聞いて、始まる前から興味津々。

公開後まもなく御坊の映画館に観に行った母の話では、映画の最中に地元のおばさまたちが「あぁ、コレ!あそこやんか!」と何度も声をあげていたそうで、地元民みんなが喜んでいたのがよく分かります。

内容は哲学的で、力強く「自分を生きる」という感覚があって、フランス映画を観終わったような充足感。(あらすじや感想は控えますね

なんせ帰宅後に赤ワインを飲みながら、虹郎さんと芋生さんのYouTubeを片っ端から観るという。

まだまだソワレに浸りたい!

ということで、勝手にロケ地を巡ってきました。

映画を観たあと、ワインを片手にチェックしていただけると幸いです。

 

 

映画ソワレのロケ地を巡る ~故郷の和歌山にやってくる~

ソワレのロケ地

①御坊駅の構内に、紀州鉄道が乗り入れる0番線ホームがあるんですよ

翔太が俳優仲間たちと故郷の和歌山にやってきます。

目指すは高齢者施設。

ソワレのロケ地の鳴滝橋

②日高川にかかる鳴滝橋

ソワレのロケ地の鳴滝橋

②みんなで、つり橋を渡ります

ソワレのロケ地の鳴滝橋

②橋を渡りきったところ

ソワレのロケ地

③もっとキレイな緑の苔が映っていたような気がする……

 

 

映画ソワレのロケ地を巡る ~高齢者施設にて~

ソワレのロケ地の道成寺

④娘道成寺で有名な伝説「安珍清姫」のなかで、清姫から追われる安珍が逃げ込んだお寺です

翔太たちは、演劇の題材となる道成寺へ「安珍・清姫伝説」の絵とき説法を聴きにいきます。

ソワレのロケ地の道成寺

④翔太が車イスを抱えて上がる階段は62段あります

演劇の練習中に容体を悪くした一人の高齢者に責任を感じつつ、気まずく語らうメンバーたち。

ソワレのロケ地

⑤みんなで海を眺めながら話していました

ソワレのロケ地

⑤映画でも海の向こうに、関西電力の御坊発電所が見えていましたね

タカラが失踪した老人を探しに行った松林。

ソワレのロケ地

⑥煙樹ヶ浜の松林は長さ4.5km、幅500m近くもあり、迷路のように入り組んでいます

 

check!
和歌山県の煙樹ヶ浜の夕陽
ヒーリングサウンドの波打ち際!煙樹ヶ浜【日高郡美浜町】

お元気ですか、ぷれなです! 和歌山には海辺に面した国道や鉄道が多くあり、広大な海を横目に走れるので気持ちがいいです。 日高郡美浜町は、和歌山県のちょうど真ん中あたりにある海側の町。 素敵な海辺の煙樹ヶ ...

続きを見る

 

映画ソワレのロケ地を巡る ~二人の逃避行が始まる~

ソワレのロケ地

映画の早朝の雰囲気に合わせて、曇り空に写真を撮ってみました

逃避行を決意した翌朝に二人がそれぞれ海を眺めるカットバックから始まります。

ソワレのロケ地煙樹ヶ浜

⑦煙樹ヶ浜は広大な砂利浜で、開放感が半端なく気持ちいいんですよ

祭りが行われる町中を、疾走する翔太とタカラ。

ソワレのロケ地

⑧二人は橋の左側から走ってきて、実際に西御坊駅のある方向に駆けて行きました。

電車が来るのを無言で待つ二人。

ソワレのロケ地

⑨日本一短い鉄道として知られる紀州鉄道の西御坊駅

翌朝から、あてのない逃避行がはじまります。

田んぼの中を走り抜けます。

ソワレのロケ地の田んぼ

⑩映画では両サイドに青々とした稲穂が続いていました

ソワレのロケ地

⑩ドローンで真上から撮ったらここかも!と一人で盛り上がりましたが、ロケ地なのか定かではありません

ある町にたどり着き、使われていない民家に忍び込んで一晩を過ごしました。

阿尾漁港

⑪阿尾漁港

 

check!
日高町小浦のイヌマキの純林
タイムスリップ気分を味わったイヌマキの純林と御霊神社

お元気ですか、ぷれなです! 大きくてパワフルな木があるとつい立ち止まって見てしまいます。 和歌山県日高町にあるイヌマキの純林も、ドライブ中に思わず車を停めた場所です。 なんとなく沖縄の雰囲気を感じて、 ...

続きを見る

 

映画ソワレのロケ地を巡る ~番外編~

ソワレのロケ地

⑫映画の中では、証明写真を撮るのは和歌山市の設定でした

▲アルバイトの面接用にと、証明写真を撮る二人

そういえば、風車の映像ありませんでしたっけ?

ソワレのロケ地の風車

⑬たしか、風車が一瞬だけ映りましたよね…?

いや、ひとつだけだったかも?

ソワレのロケ地の風車

⑭日高には風車があちこちにあります

 

 

まとめ:映画ソワレのロケ地を勝手に巡った地図

ソワレのロケ地

煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)

このあと翔太とタカラはみなべの梅農家で手伝いをし、和歌山市を目指して逃避行を続けます。

虹郎さんの映画を初めて観ましたが、素敵な役者さんですね。

少しの登場でしたが、江口のりこさんもマッサンの頃から大好き!

さて、今回は映画ソワレのロケ地となった御坊・日高を巡ってみました。

 

写真と下記の地図は同じナンバーになっています。

▼「映画ソワレのロケ地を巡る」左側のマークを押すと、場所の詳しい表記が出てきますよ!

ロケ地といいつつ、私の勝手な思い込みの箇所も多数あるかもしれません。

1ヶ月前に観た映画を思い起こしながら作成しましたので、時系列も違うかもしれません。

その時は優しく寛大なお心で、お許しくださいませ(^J^)

-WeLove和歌山, 自分らしさ

© 2022 ぷれなのblog